健康宅配の気になるお味は?ボリュームは?

HOME » 我が家の健康宅配レポート » 健康宅配の賢い注文方法

健康宅配の賢い注文方法

いざ、継続利用をすることに!
注文するのは、1日3食ともたんぱく調整食の「やすらぎ膳」にしました。


いつも元気な挨拶をしてくれるスタッフが配達してくれます健康宅配を利用してみて3ヶ月が経ったころ。

実際に、利用してみて便利だったなと思った点などがなんとなく分かってきたので、いくつか紹介しようと思います。

宅配食を利用する時の参照点としてご覧ください。

年中無休
年末年始や週末がお休みになるメーカーもあります。配達は365日いつでもOKという点は、共働きにとってはうれしい限り。
毎日の配達もポイントです。配達が数日に一度だったりすると、冷蔵庫のスペースを確保するのが意外に大変なのです。家族が多いほど、こまめな配達だと助かります。

メニューの献立表
「やすらぎ膳」では、毎食の献立表をいつも送ってもらいました。
献立や栄養成分の資料が貰えるメーカーは他にもありましたが、材料や分量、作り方の手順まで丁寧に説明してあるのは武蔵野フーズの健康宅配ならでは(お見事!)。
エネルギー調整食の「すこやか膳」(←糖尿病の方向け)でも、献立表がついてくるそうです。

基準値設定の細かさ
食事の回数だけでなく、たんぱくやカロリーの基準値の幅が広いのは安心
1日2食・3食で選べ、さらにカロリーとたんぱく質もいくつかの数値の組み合わせから、目標値に一番近いものを選択できます。
小規模のメーカーや腎臓病食に力を入れていないメーカーだと、1種類のお弁当しかないことも珍しくありません。
将来的に病状や目標値が変化しても、同じ注文先で内容を切り替えて利用できるというのは、その味に安心している利用者としてはありがたいものです。

冷凍6食セットの宅配の場合

細かい基準設定を明記してくれていると、利用者は大助かり!母と私が食事療法に慣れてからは、たんぱく調整食のおかずセット「健康美膳 T-1」を注文したりしてみました。
朝と夕食は私が準備できるので、「やすらぎ膳」のレシピを参考に毎日作っています。(材料、分量が書いてあるので、買い物や計量でも困りません)こちらも、便利だった点などご紹介します。

レンジで温めるだけ
同じ冷凍弁当でも「一部の品物を取り除いてから加熱する」タイプだと、うっかり一緒に温めてしまってデザートがダメになってしまったりというケースがあるそう。
また、一度容器から出してひとつひとつ温める必要があったり…。これが少しの手間のようで、予想以上に面倒なのです。

フタ型の容器に注目
「健康美膳」は、容器の包装がシールタイプでなくフタ型。開けやすく、食材を傷つけたり、形を崩したりすることがないので便利。

適量のセット数
6食セットの配達は、実は合理的。お弁当はスペースを取るので、普通サイズの家庭の冷蔵庫・冷凍庫で1ヶ月分を保管するわけにはいかないからです。
一定ペースで利用するか、本当に忙しい時だけ集中的に利用するか様々だと思いますが、日持ちのする冷凍で6食セットだと、どちらのパターンでも無理なく利用できますよ。

 
健康宅配の体験レポートをお届け!